心・癒やし

【夜廻り猫】泣いて笑って心のアンチエイジング。Twitter生まれの8コマ漫画

2019年7月2日

こんにちは、さぷり(@supple_blog)です。
私は夜廻り猫という漫画を愛読しています。
この作品を知ったのは2017年のこと。
NHK朝の情報番組の中で精神科医が薦める漫画として紹介されていました。

心が苦しい、辛いと思っている方で、この作品を読んだことがないという方。
是非読んで欲しいです。
今回は夜廻り猫を読んだことがない方に、物語の魅力についてご紹介します。

夜廻(よまわ)り猫とは?

「泣く子はいねが 泣いてる子はいねが」
涙の匂いをたどって現れる“夜廻り猫”の遠藤平蔵。
涙を流した人や猫、犬たちとともに泣き、笑い、励まし、ときどき逆に励まされながら、彼の夜廻りは続いていく…。 ―モーニング公式サイト モアイより引用

8コマ漫画の夜廻り猫はモーニング公式サイト モアイ、そして単行本で読むことが出来ます。
(2019年7月現在:単行本は5巻まで発売中)
サッと読みたい方はネット上で、じっくり読みたい方は単行本がオススメです。

個性的なキャラクター達

涙の匂いをかぎ分ける不思議な力を持っていて、「泣く子」(実際に泣いている子・心で泣いている子)を見つけることができる強面の主人公・「遠藤平蔵」(名字がありますが猫です)

遠藤は姑獲鳥(こかくちょう)に襲われて右目を奪われてしまった仔猫の「重郎」を抱っこしながら、夜な夜な悲しんでいる人の前に現れます。
誰かの辛さを聞くと背中に傷が増えてしまう彼は、それでも泣く子に寄り添い、またいずこかへ去って行きます。

そしてそんな遠藤を取り巻く個性的なキャラクター達。
口数少ない孤高の野良猫「ニイ」や、ちょっと図々しけれど思いやりのある「ワカル」、人間の先生と一緒に住む、遠藤とは昔なじみの「宙」といった猫たちが登場。

夜廻り猫の作中には猫だけに限らず、魅力的なキャラクターが勢揃いしているので、自分に似たまたは共感できるキャラクターに出会えると思います。

私が特にお気に入りなのは猫の「ワカル」と人間の「さっちゃん」のコンビ。

深谷先生のTwitterより

さっちゃんはワカルのありのままを受け入れてくれる。
ワカルを思うさっちゃんの優しさがとにかく心にしみます。
すぐに怒らず一旦間を置く。
相手を思いやる言葉を投げかけるということの大切さを教えてくれます。

深谷かほる先生のTwitterより

「宙さん」と「先生」のコンビの信頼関係もとても素敵です。

夜廻り猫の作者は?

作者は「エデンの東北」、「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる深谷かほるさん。
夜廻り猫は当時高校生だった息子さんが入院中されていた時に描かれていたもので、作品化するつもりはなかったそうです。

深谷さんは息子さんに「公開しないのはもったいない」と言われ、2015年10月Twitterに投稿。
その投稿がインターネット上で大反響を呼び、現在も連載が続いています。

2017年には第21回手塚治虫文化賞短編賞・第5回ブクログ大賞漫画部門大賞を受賞。

私が夜廻り猫を知ったのはこの頃でした。
ツイッター上で大反響だった作品が、さらに多くの方々に知られたきっかけになった賞です。

もし、息子さんがこの作品を世に出すことを薦めてくださらなかったら、この作品に出会うことはありませんでした。そうと思うと息子さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

夜廻り猫を読んでみる

作中の美味しいご飯の魅力

めんつゆにつけた天かすと三つ葉をご飯に混ぜてにぎった「貧むす」。
大葉を溶き卵に浸して多めの油で揚げ焼きにした「チワ―焼き」、キャベツを炒めてめんつゆと卵を入れた「キャベツ丼(ワカル飯)」…
先生が作る「バタあん麺麭(パン)」や、「ウェルシュ・レアビット」というチーズトーストなどなど…

シンプルで簡単なのに美味しいものから、ちょっとリッチな食べ物まで…ついついお腹が鳴ってしまうような料理が沢山出てきます。

ちなみにチワ―焼きはこんな感じです。たまに作ります。

そのまま食べても美味しいけれど、そうめんと一緒に食べるのがオススメ。
その他の料理も、一般の方が美味しそうに作ってSNSにアップされていたりします。
アレンジされている画像を見るとさらに食欲がw
やっぱり元気になる方法のひとつとして、美味しいものを食べるというのは大切です。
夜廻り猫レストランという書籍も出ているのでオススメですよ。

こちらも是非チェックしてみてくださいね!

夜廻り猫を読んで得られること

夜廻り猫は「(あなたは)一人ではないよ」と教えてくれる物語です。

普段我慢していることがあったり、逆に気付かないうちにストレスをためていることがあったり…
そんな時にページを開くと、遠藤たちがそっと寄り添って語りかけてきてくれます。

温かい優しさにふれて、時には笑って、時には泣いて。素直に怒っても良いと思わせてくれることもある。

世の中の人はみんな、何かを抱えながらも一生懸命生きている…。
あなたもその一人だよ…と教えてくれます。

私も悩みを抱える一人として、この物語が多くの人に届いて欲しいと思います。
素敵な物語で心のアンチエイジングをしてみませんか??

皆さんにとっても、私にとっても、素敵な明日が訪れますように…。

拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい。

Copyright© ユメウツツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.